ページの先頭です。
close

定年後の夫婦の距離感

No,022 定年後の夫婦の距離感

定年後の夫婦の距離感

夫がサラリーマンの場合、そのほとんどが朝は早く出勤し、夜遅く帰宅するというライフスタイルですが、そこから、朝から晩まで夫婦が同じ空間で過ごすライフスタイルへと一気に様変わりする-定年退職-、その後に起こりやすいトラブルの解決方法について書かせていただきます。

本来ならば、長年お疲れ様、これからはゆっくりのんびり過ごしてね、となるのでしょうが、それは建前と定年後1週間、長くて一か月までの幻想なのかもしれません。

世の奥様方の本音は「毎日寝食を共にして1週間もすれば、朝昼晩の食事の支度にうんざり。
これが今後毎日続くなんて・・・」と、心中穏やかではない方も多くいるのではないでしょうか。

中には夫婦どちらかが働けるまで働く事が可能な職に就いていたり、今までも一緒に仕事をしてきたという夫婦や家業を営んでいる夫婦などは、ほぼ毎日、長時間一緒に過ごすことへの免疫ができている夫婦もいらっしゃるでしょうが、大半の奥様方が、いつの間にか石のように頑固になってしまった夫や『男子厨房に入るべからず』と謳われた世代の家事一切を妻に任せる型の夫の存在を手放しで喜べずにいるのではないでしょうか・・・。

では、円満な定年後夫婦になるためには、いかにすればよいのでしょうか?

〇夫婦で過ごす時間のバランス
何もかも一緒に楽しもうとするのではなく、個の時間を尊重するということがとても重要です。
しかし、ここはバランスの問題!一緒に楽しむ事と個々に楽しむ事の両方を生活の中に取り入れましょう。

〇相手を自分の枠にはめない
こちらもやはり相手を尊重し、干渉しすぎないということが重要になってきます。

〇不満を溜め過ぎない
中には、夫(妻)に意見できない、不満をぶつけるなんてご法度!という方もいらっしゃるかもしれませんが、不満という形でなく角が立たない方法で自分の気持ちを伝える事ができると、状況は好転します。

以上のポイントを満たすために重要なのが、

・自分の事は自分でできる自立能力
・コミュニケーション能力

を高めることに尽きるでしょう。

夫婦間の会話がどうも上手く行かない、すぐ喧嘩になってしまうと言う方は、早目にカウンセリングを受けることをお勧めします。

カウンセリングを受けて改善した御夫婦は沢山いらっしゃいます。
貴方も「幸せな夫婦の為に」ぜひ、ご相談にお越し下さい。

当相談所では、定年後の夫婦のあり方やお悩みの解決のお手伝いもさせていただいております。
お気軽にお問い合わせください。

▼悩み解決カウンセリングのご予約はこちら