ページの先頭です。

ご相談者の声 横浜市B.Hさん(49歳男性)

当相談室にてカウンセリングをお受けになられたご相談者の声やお便りをご紹介いたします。


横浜市B.Hさん(49歳男性)

横浜市B.Hさんからのお便り内容

高橋先生

今、前向きに生きて、自分の未来に希望が持てるようになったのは先生のお陰です。

昨年夏、妻が強引に別居してしまい、途方に暮れて先生を訪ねました。妻のことが頭の中をぐるぐる回るばかりで、これから何をすれば良いのか、全く分からない状況でした。

このようになってしまった経緯について先生に話を聞いていただいた後、「厳しいケースだけれどもサポートする」という先生の言葉をいただき、これから先の行末に光明を見出した気持ちになりました。

先生が予想したように、妻との修復はなかなか進展せず、時として絶望感を抱きましたが、先生は会うたびに暖かく励まして下さいました。また、妻のことを考えるだけでなく、趣味や勉強を始めるようにとのアドバイスをいただきました。その時から、私の気分は上昇し始めたように思います。

妻に対して、どのように愛情表現をしなければならないか教えていただきました。妻や妻の両親の過大な要求には簡単に応じないようにとのアドバイスをいただきました。このような教えがなければ、まとまな形での関係修復はなかったと思います。

また、私の話から、妻の良いところ悪いところを指摘していただき、修復後の生活についての指針を与えてくださいました。

1週間ごとの先生との会話がなければ、妻との関係修復を進める気力は続かなかったと思います。

妻との関係は、明日の朝離婚届を出すというところまで行きましたが、現在は前向きにお互いの関係を再構築しようというところまで来ました。妻は情緒的な要求をするだけでなく、お互いの生活の楽しさや、どのようなことをしたいかを明るく話すようになりました。

もし、妻との関係修復がうまくいかなかったとしても、先生のアドバイスや励ましにより、明るく前向きに生きていくことができると思います。

このような問題が起きなければ、先生とお会いすることはありませんでした。先生から夫婦間や人間関係、これから人生を歩んでいくための指針を教えていただくことはありませんでした。

先生とお会いできたことは、私の人生において大きな幸運でした。大いなる励ましと生きる希望を与えて下さいました。

先生の今後のご活躍、ご発展を祈っております。
ありがとうございました。

夫婦問題カウンセラー 高橋知子 からのコメント!!

奥様が出て行かれて、とても辛い様子で相談室においでになりました。可愛い奥様で精神的にデリケート、随分悩んでいらしたのか体調も壊されての別居とお聞きしました。

悩みが体に出てしまった状態なので修復は難しいと思いましたが、やるだけやってみなければとサポート開始しました。奥様との修復はB.H.さんの愛情表現が奥様にしっかりと伝わらなければあり得ないと思いました。また、奥様との修復が出来なかった場合でも、落ち込まずに次に進むということも考えてサポートをしていきました。

B.H.さんが持っている愛情をどのように表現すれば気持ちが伝わるか、また、自分の考えの主張(特にここだけは変えたくないとはっきりと言えること)が大事であると解って頂けたと思います。

B.H.さん、これからも応援しております!