ページの先頭です。

ご相談者の声 岐阜県N.Dさん(32歳女性)

当相談室にてカウンセリングをお受けになられたご相談者の声やお便りをご紹介いたします。


岐阜県N.Dさん(32歳女性)

岐阜県N.Dさんからのお便り内容

高橋先生、こんにちわ。9ヶ月間、本当にお世話になりました。おかげで今、夫と2人で楽しく生活しています。なかなか文章がまとまらず、この手紙が遅くなってしまい、すみません。

昨年の今頃、私はいつも家にポツンと1人で、「結婚とは何だろう、どこにつながるんだろう。こんなにも孤独なものなんだろうか」とモヤモヤしていました。

カウンセリングを受け始めて3回目で、夫の不倫が分かり、とても衝撃を受けました。テレビや小説の中だけの話だと思っていたので、まさか自分が当事者になるとは思いもしませんでした。それと同時に、この孤独感の正体はこれか、と納得してしまいました。

「離婚」「慰謝料」「証拠」同じことばかりずっと話していましたね。証拠を探しながら、夫の汚さと向き合うのは大変苦痛でした。

不倫に気がついていながら、黙認していた夫の同僚(私にとっては元同僚)に対しても、苛立ちは収まりませんでした。そんな時、
「職場の人は大体気づいているものですよ。そして黙っているものです」
電話の向こうから聞こえた冷静な声に、ハッとしました。

ひどい現実にがっかりした反面、周りに期待していた事実、希望を持っていた事実にも気づかされました。

心の整理をすると、離婚はいつでもできるのだし、今の私に必要なのは、こんな自分を助けてくれる人なんだと思えました。それ以外の人のために、人間不信になるのはやめようと割り切れました。

先生とお話を重ねていくうちに、不満や怒りを吐き出し、そのせいか気分が落ちるいてくると、本当に自分の心を取り戻したような気がしました。そのころから、夫との口論は少なくなっていきました。

先生は、夫の不可解な言動から夫の気持ちを見抜き、私に噛み砕いて説明してくださいました。夫にも後ろめたい気持ちやごまかしたい気持ちがあることが分り、「この人も人間なんだ。」と、なんとなく許せそうな気がしました。

不倫相手の女のことも、
「きっと、その女は結婚するほどいい女じゃないのよ」
私も調子に乗って、「やっぱりそう思いますよね!」
そうお喋りして、元気をもらいました。

ついに私は決意して、夫と話し合うことにしました。「これ以上夫の嘘を見逃したくない」「汚い一面を見たくない」夫を止めてあげたい気持ち、「裏切りは許されない、人を陥れる行為には代償が付くのだという事を、2人に分からせるのは私の仕事だ」裁きたい気持ち、両方とも本当の自分だと思いました。長い迷路の先に、光が見えたような気がしました。

結果的に夫は謝罪し、女からも慰謝料をとる形で、私にとっては良い結果になしました。今、私達夫婦は一緒に過ごす時間が増え、おしゃべりも楽しくなりました。話し合わなくてはいけない事柄があると未だに身構えてしまいますが、お互いに不機嫌にならなくても良いよう、よく考えて自分の言葉で話そうと決めました。

これまで9カ月間、辛い事ばかり凝縮されていたように思ってしまいますが、いつも高橋先生が寄り添ってくださり、見守ってくださいました。私は自暴自棄にもならず、じっくりと自分と向き合うことが出来て、案外充実していたかも、と振り返ることができています。

心の中が荒んでいる時も、小川や田んぼの中を歩きながら先生とお話しするのが大好きでした。本当はまだまだずっとお話ししたいし、もっと先まで見届けてもらいたいですし、沢山アドバイスをもらいたいです。でも、いっぱい甘える事ができたので、この問題が片付いたところで、一旦自分の足で立ってみようと思い、サポートを終了することを決めました。家事や生活上のアドバイスも頂いたので、今度は実践して夫との時間を大切にしようと思います。

私は先生とお会いでき、本当に良かったと思います。先生からの言葉が私の財産です。ありがとうございました。

私と同じように、先生の事を支えにして暗黙の中でもがいている方は、きっと沢山いらっしゃると思います。今度も先生のご活躍と、皆様の幸せを願っています。お体を大切にして、お元気にお過ごしください。

平成28年12月13日

夫婦問題カウンセラー 高橋知子 からのコメント!!

岐阜にお住まいのN.D.さんとのカウンセリングはお電話で始まりました。何度か横浜の相談室にも来て頂くことが出来ました。お会いしての印象は清楚で素直な感じ、また、その中にも動かない自分の考えもあると感じました。

N.D.さんを悩ませるご主人に、他の女に惑わされていないで一刻も早く自分の妻を大事にして、妻をもっともっといい女にして行く夫としての仕事があるでしょと言いたい気持ちになりました。ご主人の浮気という問題がなかなか解決せずカウンセリングは続きましたが、その中でご主人が相手女性との交際が重くなってきているのではないかと想像できることがあり、いよいよ決着を着ける時が来たように思いました。

ご主人と向き合い核心に触れるチャンスも訪れ、ようやく大きな苦しみから解放されましたね。これからが大事な毎日です!笑顔を忘れず頑張って下さい。