ページの先頭です。

ご相談者の声 横浜市K.Oさん(32歳男性)

当相談室にてカウンセリングをお受けになられたご相談者の声やお便りをご紹介いたします。


横浜市K.Oさん(32歳男性)

横浜市K.Oさんからのお便り内容

高橋 先生

今まで、10ヶ月にわたり、先生から様々な ご助言を頂きまして、ありがとうごじました。なかなか先生のアドバイスの通りに行動できない事も多かったですが、最終的には満足のいく結果を得られたと思います。特に、家出などのような思い切った行動は、高橋先生のアドバイスなしには決してできませんでした。また、家出の最中には、お忙しい身にも関わらず、毎日相談に乗っていただき、本当にありがとうございました。

家庭の問題以外にも、自信を身に付ける方法などでも、お世話になりました。様々な事柄について、常に的確なアドバイスをされる先生は、「さすが」だと思います。

相談に通っている間は、いろいろと大変でしたが、今後、自分を成長させて行く為の手応えのようなものを得られたと思います。これからは、先生に教えていただいた事を身に付けるように努力しながら、また時々アドバイスを頂きに来ようと思います。

高橋先生には将来的には、ぜひ本を書いていただきたいと思います。出版された際には、ぜひとも購入させていただきます。(できれば本に、サインもいただきたいです!)長い間、大変お世話になりました。本当にありがとうございました。

夫婦問題カウンセラー 高橋知子 からのコメント!!

K.O.さんの奥様は、浮ついた男心を少しも認めず、結婚したのだから、妻以外の人を見てはいけないという考えの人でした。 例えば、夫婦で歩いているときに、前から綺麗な女性がやって来る。すれ違いざまに、夫がその人を見ただけで怒り狂うような人だったのです。また、K.O.さんには、少し浮ついた心がありましたから、尚更だったのでしょう。K.O.さんが相談室に見えた時、毎日毎日、妻に責められていてとても苦しく、離婚した方が良いかという内容でした。もしや不貞行為でも犯したのかと思い、よくよく話しを伺うと、全くそういうことではなく、たまたま、あこがれの人とランチをしたことがバレたようなのです。その時点で奥様が発見し、未然に防いだことは良いと思いますが、その後も毎晩、責め続け、K.O.さんが、そのようなことはもうしないと言っても責め続けられていました。

K.O.さんは、いつも怯えてビクビクし、次第に自信を失っていきます。仕事に対しても、自信が無くなりかけてしまいました。奥様は責めるだけではなく、機嫌の良いときもあり、別れる決心がつきません。こうなったら、K.O.さんに自信を付けてもらうしか方法は無く、K.O.さんを励まし、家出を決行したのです。自分の意思をはっきりとさせ、その意思を通してもらったのです。その後、奥様とも上手く行くようになって本当に良かったと思います。二人で暮らすことは、一人で暮らすこと以上に大変です。でも、必ず、二人でいることの喜びもあるのですから、頑張って下さいね!!