ページの先頭です。

ご相談者の声 和歌山県Y.Kさん(53歳女性)

当相談室にてカウンセリングをお受けになられたご相談者の声やお便りをご紹介いたします。


和歌山県Y.Kさん(53歳女性)

和歌山県Y.Kさんからのお便り内容

高橋 先生

主人の浮気を知ってからの二年三ヵ月は、まるで暗いトンネルの中を、ずっと歩いているような年月でした。くやしさ、悲しさ、苦しさ、むなしさ・・・眠れぬ夜がいつまでも続き、頭の中を絵巻物のように苦しい思い出が、始めからぐるぐると何度もよみがえります。

そんな私が、まがりなりにも正常な精神状態で、自分の行く道の入り口に立てるところまで来れたのは、一年以上にわたる高橋先生の「カウンセリング」のおかげだと、今、つくづく感じています。先生との「電話相談」でのやりとりの中で、不思議と一時間が過ぎる頃には、心が落ち着き、もう少し頑張ってみようという気持ちになりました。何度も、胸が苦しくなって、誰かに吐き出さないと自分がどうにかなってしまうと、見境なく高橋先生を頼って電話をしてしまったこともありました。その都度、先生は親身になって話を聞いて下さり、いろいろとアドバイスを下さいました。

今まで、真面目で曲がった事の嫌いな四角四面、何ひとつ間違った事はして来なかった という自分自身であったので、男性の心理、人間の心理、人生の味わいといったものの奥深さ、むずかしさに気付く お話をして下さいました。

一番心に残っているのは「人間、全部を手に入れることはできないのよ!」という先生の、お言葉でした。その言葉で、私は思い開きができたように思います。主人の裏切り、主人のして来たこと、それを思うと今も本当に胸が苦しくなります。でも「ない」ものに焦点をあてるのではなく「あるもの」に焦点をあてる・・・その考え方が、先生に言われた時には分からなかったことが、ある時すっと私の心に浮かんだのです。そして、その考え方が、私を救ってくれました。

そして物事をあまり深刻に考えないこと、したたかに、そして可愛く、先生から教わったことの実践が、もしかしたら主人の心に届いて、いい夫婦になれる時が来る来るかもしれませんが、もしそういう日が来なくて、ちがう人生を歩くことになっても、高橋先生に支えていただいて乗り越えて来たこの年月を精一杯やって来たので、どういう結果になっても悔いは残らないと思います

高橋先生、先生と出会えたこと、本当にラッキーでした。そして二度もお会いできて、私の人生がとても広がりました。(和歌山から会いに行ってしまいました)

先生、ほんとうにありがとうございます。これからも よろしくお願いします。

夫婦問題カウンセラー 高橋知子 からのコメント!!

和歌山県にお住まいのY.K.さんから、初めて電話を頂いたのは、2009年の11月のことでした。ご主人の浮気に悩み、傷つき、他の相談室では、どうにもならず、当相談室にたどり着いた感じでした。すでに別居をしている状態でしたが、離婚を望んでいるのではなく、修復したいとの思いがありました。しかし、Y.K.さんを苦しめていたのは、かなりの証拠や辻褄の合わない出来事が見えているにも関わらず、ご主人は決して浮気を認めず、夫を信じない妻を非難し続けていたことでした。和歌山県から一人で出たことがないようでしたが、思い切って気分転換も兼ね、横浜の相談室にいらっしゃることを勧めると本当に私に会いに来て下さり(計2回)、その後も電話でのカウンセリング、アドバイスを続けました。

Y.K.さんは、いろいろな角度から考えることが出来るようになっていったと思います。前に進む勇気を持ち、積極的に問題解決に取り組み、その結果、問題の膿も出てきましたが、それに怯むこともありませんでした。長い年月の夫婦関係が、親子や親族などを巻き込んで、次から次へと問題も出てきますが、Y.K.さんには、強くて優しい心があるのですから、気を抜かずに頑張ってほしいと思います。いつでも応援しています !!